■プロフィール

marchome

Author:marchome
栃木県栃木市にある、
青少年の就労自立を支援するための自立援助ホームです。

<ホームページ>
http://marchome.web.fc2.com/

facebookページもあります。
(「マルコの家」で検索)

■TEL/FAX
0282-21-7740
■E-Mail
info-marc@easter-village.or.jp

ご支援はこちらまで

【振込先】ゆうちょ銀行

■記号番号
00150-6-774249
■加入者名  マルコの家
※2,000円/年以上の寄付をされると、
法定控除が受けられます。

『社会福祉法人 イースターヴィレッジ 自立援助ホーム マルコの家』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
150位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

秋近し
「死ぬ」「死にたい」
本気度はいずれにせよ、良く耳にする。
メディアでも、マルコの家でも。

そもそも、産んでほしいなんて頼んでないし。
私の人生は私のモノなんでしょ。
だったら、私が死ぬことを選んだって良いわけでしょ。

正論である。

「生きるのが辛い・・・」
そう言われると、私も言葉に詰まるが、
「死にたい」の裏にも、自傷行為の影にも
本当は「生きたい」の気持ちが隠れているのではないか、
と、私は思う。

否定されるかもしれないけど・・。

「生きていれば、きっと良いことがある!」
なんて、そんな無責任なことは言えない。
だいたい「良いこと」かどうかなんて主観だ。

ただ、私はまた、あなたに会いたい。
だからあなたに生きていて欲しい。
それだけでは、生きる意味にはならないだろうか。

9月は自殺予防週間がある。
予防か・・・。
私たちにできるとしたら、
細く長く、関係を紡いでいくことしかないなぁ・・
抜けるような夏と秋の入り混じった空を見上げながら、
そんなことを考える。


野原



スポンサーサイト





日記 | 09:56:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する